人に話したくなるしじみのパワー

しじみに含まれる葉酸

葉酸といえば妊娠中に必要な栄養素として知られています。
葉酸とはどのような成分なのでしょうか?

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種です。
ビタミンB12とともに赤血球の形成を助ける栄養素なので、造血のビタミンと呼ばれています。

葉酸の代表的な効果は、胎児の神経管閉鎖障害を予防する効果です。
葉酸は細胞の新生に必要なビタミンなので、妊娠初期に摂ることで神経管閉鎖障害や口唇・口蓋裂という障害や先天性の心疾患を予防することができます。
また、乳幼児の発育にも大きな栄養を及ぼすので、授乳中も葉酸を積極的に摂取しなければいけません。

葉酸は赤ちゃんや子供だけではなく、成人の成長にも欠かせない成分です。
口腔内や舌、腸管などの粘膜は細胞の生まれ変わりが早いので、葉酸が不足すると炎症が起きてしまいます。
皮膚や粘膜を強く保つためにも葉酸摂取が必要になります。

このほかにも葉酸は、貧血を予防したり、動脈硬化を予防したり、脳機能を改善する効果などがあります。

葉酸を摂りたい方にお勧めの食品がしじみです。
しじみには葉酸など多くの栄養が含まれています。
葉酸だけではなく様々な栄養を一度に摂取できるので、相乗効果により健康効果を実感しやすくなるのです。

しじみに含まれる代表的な成分といえば、オルニチン。
オルニチンはアミノ酸の一種で、肝機能を高める効果、疲労回復効果、新陳代謝を活発にする効果などがあります。

毎日しじみ料理を作るのは大変ですよね。
そこでお勧めなのが、しじみのサプリです。
サプリなら、いつでもどこでも手軽に飲むことができます。

また、しじみエキスもお勧めです。
しじみエキスは原液タイプ、粉末タイプなどがあるのですが、原液と粉末タイプは料理に使うことができます。
面倒な砂抜きをせずにサッと使えるので、料理にうまみと栄養をプラスすることができます。

葉酸だけではなくその他の栄養もバランスよく摂りたいという方は、ぜひしじみのサプリやしじみエキスをチェックしてみてくださいね。

ページのトップへ戻る