人に話したくなるしじみのパワー

国内のしじみの産地

しじみは肝臓によいといわれており、昔から食膳生食材として愛されてきました。しじみにはアミノ酸の一種であるオルニチン、ミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれています。
しじみは肝機能を高める効果だけではなく、美肌効果、貧血を予防する効果もあります。

このように様々な健康効果があるしじみですが、国内のしじみの産地はどのような場所があるのでしょうか?
しじみの水揚げ量が多い県といえば、島根県。
島根県の東部に位置する宍道湖は、海水と淡水が混じり合う汽水湖です。
宍道湖は、潮の満ち干きや降雨など様々な要因で塩分濃度や溶存酸素量が変化します。
宍道湖のしじみはこの環境の変化に対応するために、体内のグリコーゲンを分解して生命維持をする際、コハク酸などのうまみ成分が増加するので美味しいのです。

続いてご紹介するのは、青森県にある津軽十三湖です。
十三湖も海水と淡水が混じり合う汽水湖で、自然の栄養を含んだ水により栄養をたっぷり含んだしじみが採れます。
十三湖のしじみは身が太ってうまみが強く、貝にはふくらみがあります。

北海道の網走湖で採れるしじみも有名です。
国定公園に指定されている網走湖は、ミネラルなどの栄養分を含んだオホーツク海からの海水と緑豊かに恵まれた淡水が混じり合う汽水湖です。
一般的なしじみと比べて大きいサイズのものが多く、濃厚なうまみたっぷりのしじみが採れます。

このほかにしじみが有名な産地は、茨城県の涸沼、長野県の諏訪湖、愛知県の木曽三川、滋賀県の琵琶湖などです。

全国各地のこだわりの産地から取り寄せたしじみ。
一度には使い切ることができませんよね。 そこでお勧めなのが、冷凍保存です。しじみは冷凍保存することでうまみ成分が増加するので、お取り寄せする際にはぜひお試しください。

しじみは国内産のものだけではなく、中国産や韓国産のものも販売されています。
輸入産のしじみのほうが安価なので購入しやすいのですが、品質の面でいえば多少高くても国内産のしじみがお勧めです。

栄養&うまみが豊富な国内産の美味しいしじみをぜひお召し上がりください。

ページのトップへ戻る